インスタ集客テクニック

インスタ集客できる美容師アカウントに答えはあった!でも出来ないのはなぜ?

インスタ集客できる美容師アカウントに答えはあった!でも出来ないのはなぜ?

このブログは、次のインスタ投稿の詳細を解説する目的で投稿します。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

しき【忙しい美容師さん向けのインスタ運用】(@shiki_fp_138)がシェアした投稿

インスタ集客できるアカウントとは?

と言う質問に対し、128人の方が回答してくださいました。

ダントツトップの回答は

「こちらのニーズを理解してくれそう」

でした。

なるほど、美容師さんの多くはこう考えているんですね。

確かに、インスタで美容師さんを探しているユーザーはなんらかのニーズがあるわけなので、そのニーズを理解してくれる美容師さんを探したいのは間違いないでしょう。。。

と・・・

さて、このアンケートに関してですが、回答結果に大事な要素はありません。

4つの選択肢全てが「正解」とも言えますので、順位付けする必要もありません。

多くの美容師さんが思っていると言うことは、きっとその通りなのでしょう。

ではここで僕から質問があります。

インスタ集客にユーザーニーズを理解することが大事であるなら、あなたは「ユーザーのニーズを理解してあげるメッセージ」を発信していますか?

簡単に言うと、「大事だとわかっているのに、その施策を実施していますか?」と言うことです。

こちらもCHECK

集客特化型3カテゴリー
集客特化型3カテゴリー投稿一覧の本当の意味と必須の作業内容

インスタコンサルの多くはほとんど同じことを言います。 投稿は統一感が大事! 雰囲気を合わせ、世界観を作ろう! 専門性を上げるためにハッシュタグは近いものを! 確かに合ってる。間違いない。 しかし、上記 ...

続きを見る

「わかっているけど出来ていない」から集客できない

おそらく、「ユーザーニーズに寄り添っている美容師アカウント」と周りに伝われば、間違いなく集客はできます。

128人のうち90人が重要と答えた項目です。

正解であることに疑いはありません。

と言うことは「集客できる美容師アカウントの答え」とも言えますよね。

その答えがわかっているのに、その答えに近づく運用をしている美容師さんは何人いるでしょうか。

  • バックスタイルの投稿ばかりしている
  • 見込み客の投稿にコメントは送らない
  • ストーリーズでも美容投稿ばかり

こう言うアカウントを見たユーザーは、

「あ!この美容師さん、自分のニーズを理解してくれるかもしれない。予約してみよう!」

ってなるでしょうか。

おそらく、気になるヘアデザインの投稿だけを保存して、そこで終わりです。

プロフィールを見たとしてもフォローはしません。

それが現実。

集客できていないと言うことは、「ユーザーニーズの理解に務める美容師」とは見られていないと言うことですね。

こちらもCHECK

【インスタ集客ロジックツリー】95%が陥る運用の間違いと正しい集客理論
【インスタ集客ロジックツリー】95%が陥る運用の間違いと正しい集客理論

あなたがもし フォロワー数1万人以上の美容師インフルエンサー に憧れを抱き、その領域まで本気で目指しているなら、努力次第で到達は可能です。 大きなニーズがある領域に、クオリティの高い情報コンテンツを毎 ...

続きを見る

ユーザーニーズの理解に努める美容師アカウントって?

質問です!

ユーザーニーズの理解に努める美容師アカウントってどんな人でしょうか?

???

これは結構難しい問題ですよね?

もし、これがインスタ上ではなく、リアルな生活における「ユーザーニーズの理解に努める美容師」であるなら、その答えは想像できますよね。

  • 親身になって話を聞いてくれる人
  • 悩みを共感してくれる人
  • 同じ目線で話してくれる人

こう言う人ではないでしょうか。

ポイントは「聞く」です。

相手の話を真剣に聞けば、ニーズを理解していると伝わります。

しかし!

インスタでの情報発信は一方通行。つまり、相手の話を聞くことはできません。

その状態で、読み手に「ユーザーニーズの理解に努める美容師」を伝えなければいけません。

難しすぎますよね?

でも大丈夫!

一方通行の情報発信だけでもユーザーの期待は上げられます。

こちらもCHECK

【美容師インスタ集客】ストーリーズが集客に繋がる3つの理由と集客できる投稿

メモ インスタ運用勉強会メンバーさん向けに、詳細な解説動画を用意しています。記事の最下部にYouTubeリンクを貼っています。音声で詳しく解説しているので、イメージしやすい内容です。参考にご覧ください ...

続きを見る

見込み客からの期待を引き上げる4つのマスト

「あ!この美容師さん、自分のニーズを理解してくれるかもしれない!」

ユーザーにこう思わせると言うことは、「ユーザーに期待させる」と置き換えることができますよね。

では、どうすればユーザーに期待させることができるか?

僕が考えるポイントは4つです。

  1. 特定の悩みの解消に関する情報を発信している
  2. 情報発信に専門性が感じられる
  3. 人としての魅力や安心感が感じられる
  4. 悩みの解消目的のユーザーからの口コミがある

要約すると「悩み訴求」「技術的期待」「人間的魅力」「第三者評価」です。

もしかして気付きました?

僕がインスタ投稿やストーリーズで何度も何度も紹介している3大要素である「技術的期待」「人間的魅力」「第三者評価」

これを悩み訴求で情報発信する。

これが「ユーザーに期待させる美容師アカウント」です。

僕のアカウントで投稿している「インスタ集客」に関する投稿は、ほとんどが「ユーザーに期待させる美容師アカウント」を目指したものです。

つながりましたでしょうか?

アンケートの結果が圧倒的に「こちらのニーズを理解してくれそう」だったので、正直安心しました。頑張ってストーリーズを投稿してきてよかったなと^^

「技術的期待」「人間的魅力」「第三者評価」に関しては、インスタ投稿やストーリーズで紹介してきましたが、「悩み訴求」に関してはあまり触れてきませんでしたので、ここで簡単に触れておきます。

悩み訴求とは?

悩み訴求と言っても、「癖毛」「薄毛」「細い髪の毛」「ごわつく」とかそれだけではありません。

人間の願望はわがままです。

「今よりさらに良くなりたい!」と言う願望は常にあり、その願望の裏には些細な悩みが隠れています。

  • 今よりもっと小顔に見せたい!
  • 可愛さと簡単ケアを同時に!

「顔が大きく見える」とか「時間がない」と言った悩みがあるため、その悩みを解消する方法の1つとしてヘアデザインを選んだわけです。

と言うことは、訴求すべきはヘアデザインではなく、「悩み解消を前提としたヘアデザインの提案」ですよね。

人間は、自分の悩みが解消できるなら、普段より高いお金を払ったり、普段より遠くに足を伸ばします。

あなたもそんな経験はありませんか?

デジタルマーケティングにおいて、「悩み訴求」は鉄板です。

特定の悩みにリーチし、その悩みを解消する方法を提案することができれば、ユーザーは集まります。

例えフォロワーが増えなくても、悩みに訴求する情報発信が認知されれば、集客には困らないでしょうね。

まとめ

今回のアンケートで、多くの美容師さんは「どんなアカウントが集客できるアカウントか」は理解できていることがわかりました。

その一方で、「わかっているけど出来ていない方」も多いことが露呈されました。

このギャップを埋めるため、誰よりもわかりやすく情報発信していく必要があると感じました。

頑張ります!

こちらもCHECK

インスタ集客できない理由は勘違い!少ないフォロワーで集客する論理的テクニック

こんばんは。 しきです。(どんな人間かはインスタをご覧ください。) さて、僕のインスタアカウントの運用コンセプトは 少ないフォロワーでもインスタ集客につなげる 集客につながったフォロワーを固定客にする ...

続きを見る

メンバー限定の有料コミュニティ

インスタ集客を理論的に学びたい方はこちら


※募集期間外は、上のボタンは反応しません。

  • この記事を書いた人

しき

現役WEBマーケターのかたわら、副業でSNSアフィリエイト。 ★インスタ運用のノウハウを知人美容師にサポートしたのをきっかけに美容室のインスタ集客を本格化。 ★美容師×SNSマーケティングの新しい視点で利益を上げる取り組みを実践中。 ★ファイナンシャルプランナー資格とSNSマーケティングを組み合わせたサポートも展開中の大阪人。

-インスタ集客テクニック

© 2021 Shiki's Blog(しきブログ) Powered by AFFINGER5