インスタ集客テクニック

【画像付き】美容師が悩み訴求で集客する具体的なテクニック

【集客力UP】美容師がインスタで簡単に悩み訴求に変換させる方法

先日投稿した次の記事

インスタ集客できる美容師アカウントに答えはあった!でも出来ないのはなぜ?
インスタ集客できる美容師アカウントに答えはあった!でも出来ないのはなぜ?

このブログは、次のインスタ投稿の詳細を解説する目的で投稿します。           この投稿をInstagramで見る                       しき【忙しい美容師さん向けのインス ...

続きを見る

こちらの記事で、インスタ集客に大事なポイントは、

「技術的期待」「人間的魅力」「第三者評価」の3つを「特定の悩み」を持つユーザーに訴求することが効果的

と言いました。

ただ、「技術的期待」「人間的魅力」「第三者評価」はイメージできても、「特定の悩みへの訴求」ってあまりイメージできていない人が多いでしょう。

でも大丈夫です!

超簡単に悩み訴求できる方法があるので安心してください。

では早速この記事の本題である「美容師アカウントで簡単に悩み訴求する方法」について解説します。

真の悩みは表面的ではない

悩み訴求を考える場合、「悩みとは何か?」を理解するところから始める必要があります。

「悩み」って何でしょうか?

  • 癖毛が気になる
  • 白髪が増えてきた
  • 髪の毛が細くなってきた

これらは髪の悩みとしてとても一般的ですよね。

しかし!これらは悩み訴求の対象ではありません。

なぜなら、これらは「悩み」ではなく「状態」だからです。

癖毛でも、白髪でも、髪の毛が細くなってきても、悩む人もいれば悩んでいない人もいます。

つまり、「状態に訴求しても反応する人としない人がいる」と言うことです。

「悩みに訴求する」という戦略は反応(集客)を増やしたいから行うわけですから、表面的な一般ワードの訴求だと反応が悪い。

では、どうすればいいか?

それは悩みを深掘りしていくことです。

その手順を解説します。

本当のニーズを簡単に深堀する方法

人間の悩みというのは、簡単に表現できる表面的なものではなく、もっと深掘りして初めて現れるものです。

ここからは具体的なテクニックを紹介します。

ここから先は限定コンテンツ

ここから先は、悩みを深堀し美容師アカウントの「悩み訴求」を具体的に行うためのノウハウを投稿しており、インスタ運用勉強会メンバー限定のコンテンツです。

ご理解のほどよろしくお願いします。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

メンバー限定の有料コミュニティ

インスタ集客を理論的に学びたい方はこちら


※募集期間外は、上のボタンは反応しません。

  • この記事を書いた人

しき

現役WEBマーケターのかたわら、副業でSNSアフィリエイト。 ★インスタ運用のノウハウを知人美容師にサポートしたのをきっかけに美容室のインスタ集客を本格化。 ★美容師×SNSマーケティングの新しい視点で利益を上げる取り組みを実践中。 ★ファイナンシャルプランナー資格とSNSマーケティングを組み合わせたサポートも展開中の大阪人。

-インスタ集客テクニック

© 2021 Shiki's Blog(しきブログ) Powered by AFFINGER5