コラム

【このスキルがあれば!】インスタ集客に確実につながる美容師の魅力とは?

もし、あなたが、

 

「インスタ運用頑張ってるけど、なんとなく違和感あるんだよな〜」

 

って思っているなら、この投稿に書かれている内容が、その違和感の原因かもしれませんよ。

 


 

さて、先日、インスタで次の投稿をしました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

しき@美容室集客『しき式インスタ集客術』(@shiki_fp_138)がシェアした投稿

投稿の内容は、

見込み客が、オンライン上で美容師さんを選ぶ評価ポイントって何かな?

って話です。

 

何となく、この部分に

「お客さんが選ぶポイント」と「美容師さんが推測しているポイント」との差が出ていると感じたので投稿したわけですが、、、

 

端的に言うと、

見込み客に期待感を持たせ、来店誘導させるには、見えない部分の方が大事ですよー

と言うことです。

 

見えない部分?

意味わかんねーぞ!

 

今日のブログの内容は、その見えない部分の話しです。

 

こちらも読まれてます

インスタ集客できない理由は勘違い!少ないフォロワーで集客する論理的テクニック

こんばんは。 しきです。(どんな人間かはインスタをご覧ください。) さて、僕のインスタアカウントの運用コンセプトは 少ないフォロワーでもインスタ集客につなげる 集客につながったフォロワーを固定客にする ...

続きを見る

顧客ニーズは「技術力が1番」ではない?

見込み客は、美容師さんに何を求めているか?

 

お客さんのニーズを把握し、そのニーズに沿った提案をすればお客さんは反応しますよね。

 

そのためには、「ニーズ」を深く探っていく必要があります。

 

さて、見込み客が美容師さんに求めているのは、「高い技術力」でしょうか。

 

もし、高い技術力だけを求めているなら、インスタ映えする画像を投稿すればするほと、お客さんは集まるはずです。

 

が、実際はそんなこともない。

 

素敵な投稿をバンバンしているのに、全然集客できていない人はゴマンといるでしょう。

 

と言うことは見込み客は「高い技術力」を求めていないと言うことです。

 

正確に言うと、

「高い技術力は求めているけど、優先順位の1位ではない」

 

これですね。必要だけど1位じゃない。

 

じゃあ、1位は何?

 

見込み客が美容師さんを選ぶ上で、大事にしたい評価ポイントの1位は、

 

「自分の悩みやコンプレックスを解消させ、理想の自分に近づけてくれそうかどうか」

 

これですね。

万人が同じマインドではないかもしれませんが、インスタで美容師さんを探すユーザーの多くはこれでしょう。

 

「本当はもう少しだけこうしたいけど、なかなか上手く出来ない。もっと○○にしてくれる美容師さんいないかな。」

 

このような顧客がいたとして、そのニーズに技術力だけで応えようとすると、投稿と消費者ニーズのギャップが生まれる。

 

つまり「知りたい事と見せられている情報がずれている」と言う事。

 

参考美容室のインスタ集客にハッシュタグ上位表示は不要

インスタでお客さんを来店させるためには、   見込み客に自分の存在を知ってもらうこと 認知したユーザーが興味を示す投稿を見せること   この2つが基本であり、インスタ集客の施策は全 ...

続きを見る

来店アクションに繋がる消費者マインド

お客さんが初めての美容室(美容師)を選ぶとき、どんな心境でしょうか。

 

これは、インスタ運用勉強会でも何度も取り上げている事ですが、大事なポイントは

 

「◯◯そう」と思わせる事です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

しき@美容室集客『しき式インスタ集客術』(@shiki_fp_138)がシェアした投稿

  • 自分のことをわかってくれそう
  • 自分の悩みを理解してくれそう
  • 任せられそう

 

このように「◯◯そう」と感じさせることが来店に繋がりますよね。

 

と言うことは、お客さんが来店したくなるような「◯◯そう」を作ることができれば良いわけですよね。

 

ただここで大きな落とし穴が!

美容師アカウントは全員「上手そう」

僕は顧客側として思うのが、美容師アカウントの投稿画像は全員上手そうに見えるという事。

 

もう、違いがわからないレベルです。

 

おそらく、美容師さんの中にも、画像だけで明確な判断が出来る人は少数派ですよね?

 

つまり、技術力の優位性で顧客を惹きつけることは難しいと言うこと。

 

技術力の優位性以外で顧客を惹きつけるためには、どんな訴求が効果的か。

 

その一つは

「自分のことをわかってくれる」

と言う期待に訴求していく方法です。

お客さんが探している「理解者」とは?

お客さんは、どうして美容師さんを変え、新たな美容師さんを探すのか?

別に、同じ美容師さんに細かくオーダーすれば、次回は理想に近づくはずです。

 

2回目だと自分の髪質も理解しているはずですからね。

 

それなのに、別の美容師さんに担当変えするには理由があります。

 

その理由は、「自分のことを理解してくれる美容師を探している」と言うことでしょう。

 

これはアンケート結果からも明らかです。

 

  • 自分が伝えた少ない情報から理想を作ってほしい
  • オーダー以上のものを作ってほしい
  • 居心地の良さを先回りして実現してほしい

 

このように、「わがままなお客さん」のニーズを理解してくれる美容師さんを探しているわけです。

 

現実的に考えると

「は?おまえ、何言ってんの?」

 

って感じですが、顧客ニーズというのはとてもわがままですから仕方ありません。

 

さて、この顧客ニーズを満たすため、いや、顧客ニーズを満たしてくれると期待させるためにはどのようなアプローチが必要か。

 

僕は、「顧客を理解しようとしている美容師像」が効果的な訴求だと考えています。

 

技術訴求ではなく、理解者訴求ですね。

 

つまり「あなたの話を聞き、しっかりとニーズを把握しますよ。その上で、理想を形にしますよ!」というメッセージが重要です。

 

これって、目に見える作品(美容画像)ではなく、美容師さんの魅力や性格を伝えていくことで実現可能ですよね。

 

集客できている美容師さんは、この辺りのメッセージが上手い!

まとめ

技術力って判定が難しいですよね。

 

「Aより上手いけどBより劣る」

 

このような優劣というのは、素人である顧客側ではほぼわかりません。

 

それなら「お客さんにもわかるように変換させること」

 

常にお客さん目線でコンテンツを作ることが重要でしょうね。

 

インスタ集客特化コミュニティ

250名突破!
\集客力・対人スキルが身に付く/


インスタ運用勉強会の詳細はこちら


※技術に頼らず固定客につながる集客を増やしたい方のみご覧ください

  • この記事を書いた人

しき

現役WEBマーケターのかたわら、副業でSNSアフィリエイト。 ★インスタ運用のノウハウを知人美容師にサポートしたのをきっかけに美容室のインスタ集客を本格化。 ★美容師×SNSマーケティングの新しい視点で利益を上げる取り組みを実践中。 ★ファイナンシャルプランナー資格とSNSマーケティングを組み合わせたサポートも展開中。

-コラム

© 2022 Shiki's Blog(しきブログ) Powered by AFFINGER5