コラム

【ノウハウ】美容師がインスタ集客する場合の正しいターゲット設定

久しぶりにブログを書きます。

今日は「ターゲット設定」の話。

 

質問!

集客目的でインスタを運用されている方は、「ターゲット」を意識していますか?

 

当然だろ?ターゲットを決めないと、投稿作れないじゃん!

 

きっとこのようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

おっしゃる通り、ターゲットを決めないと、コンテンツは作れません。

 

今日お伝えしたいのは、そのターゲットについて。

 

「設定しているターゲット、それで合ってる?」

そして

「設定したターゲットは無駄になってない?」

 

【参考投稿紹介】技術特化アカウントで超短期間でインスタ集客を増やした人7つの特徴

最近、勉強会のメンバーさんに、入会後すぐに結果を増やす人が増えてきました。 元々のポテンシャルがある人もいるのですが、一方で、スタートラインに立っただけの状態から、着実に積み上げていく人も。 僕の、正 ...

続きを見る

ターゲット設定の目的

  • ターゲット
  • ペルソナ

これらのワードを1度は聞いたことがあると思います。

デジタルマーケティングを行っていく上で、大事な考え。

 

ただ、言葉ばかり先行しすぎて、その本当の意味を理解していない人が多いのでは。

 

難しい言葉を覚える必要はありません。自分なりに解釈するだけでOK。

 

ターゲットを理解するためには、

なぜターゲットを設定する必要があるの?

を正しく理解しておきましょう。

 

僕の認識は、インスタ集客などのデジタルマーケティングにおいて、ターゲット設定の理由は、

発信するコンテンツによって、消費者に「自分ごとである」と置き換えさせ、さらに行動変容を促すために必要なもの

だと考えています。

 

は?

難しすぎ!

 

すみません。では、例文を使います。

 

あなたが釣りたいのは「魚」それとも「カジキマグロ」?

次の文章はターゲットが正しく設定できているでしょうか?

 

魚を釣るからエサを用意する

 

できていませんよね。

どんな魚?淡水魚?海水魚?

 

相手が何かわからないから、用意すべき「エサ」が何かわかりません。

では次。

 

カジキマグロを釣るからカツオを用意する

 

これだと明確ですよね。

ターゲット(カジキマグロ)を手に入れるために、コンテンツ(カツオ)を用意する。

 

この例文を見ると、「当たり前だろ!」って感じですが、、、

実は、色んなインスタアカウントを見ていると、「カジキマグロ」を釣ろうとせず、「魚」を釣ろうとしている人が多い。

 

私が思うに、

髪の綺麗さだけを投稿している人は、「魚」を釣ろうとしている人

 

なぜそう思うか。

 

考えてみてください。

きっと、ほとんどの女性は「艶があり、綺麗な髪」に憧れがあるはずです。

 

つまり、ターゲットは全女性になる。

 

これ「カジキマグロ」ではなく「魚」ですよね。

 

綺麗な髪に憧れはあるけど、それだけではなく、悩める顧客には「プラスアルファのニーズ」が隠れています。

 

そのプラスアルファのニーズこそが「カジキマグロ」となるわけです。

 

ターゲット設定のもう一つの意味

少し脱線しますが、大事な話。

 

あなたは情報発信で「集客」しようとしている。

 

あなたのサービスを必要としている人に出会い、その人が必要と感じる投稿を見せると、きっとその人はお客さんとなるでしょう。

 

つまり

露出気づき

 

この2つはとても重要。

意識すべきはこの2つだけと言っても過言でない。

 

どちらか1つではなく、両方できていないと集客できません。

 

あなたは、この2つの両方を達成していると思いますか?

自信満々に「YES」と答えられる人は、月間30人以上の集客ができている人。

 

ほとんどの人は、どちらか1つ、または両方できていません。

 

さて、ここでターゲットの話。

 

「露出を増やしたいから、人が多いところに行こう!」

 

これ、どう言う施策かというと、

 

  • 投稿数が多いハッシュタグを使う
  • みんなが投稿している訴求をマネる
  • フォローバック狙いでフォローする
  • いいね周りする
  • 情報価値の無いリールでバズを狙う

 

これらが該当します。

 

もうわかりますよね。

上記の施策は、インスタ集客の大事な2つを無視した施策です。

 

おそらく、上記の施策でもインスタ集客に繋がるケースはあるはずです。

 

しかし、そこから来店したお客さんは、継続して来店してくれる顧客になるでしょうか。

来店ハードルが低い人は、店舗乗り換えのハードルも低い。

 

つまり、失客リスクが高いと言うわけ。

 

インスタで集客する魅力は、LTVが高い人ですよね。

 

メモ

LTV(Lilfe Time Value)

一人の顧客から、生涯の間にもたらされる利益(売上ー経費)の総和

 

その理由は、「悩みやこだわりが強い人」だからであり、そのニーズを満たせば、継続来店します。

 

インスタ集客の魅力を無視し、目先のお客さんのみを見ると、LTVが低いお客さんが集まってくる。

 

目指すべきは「LTVが高いお客さん」

 

ここがインスタ集客のターゲットです。

 

では、

  • どのようにしてLTVが高い顧客を集客させるのか?
  • 今の自分の技術スキルを必要としてくれるターゲットは、どうやって見つけるのか?

 

それはインスタ運用勉強会で徹底解説します。

メンバーの皆さまはお楽しみに。

 

インスタ集客特化コミュニティ

300名突破!
\フォロワー数に頼らない集客スキル/


インスタ運用勉強会の詳細はこちら


※11月追加募集中

  • この記事を書いた人
Avatar photo

しき

現役WEBマーケターのかたわら、副業でSNSアフィリエイト。 ★インスタ運用のノウハウを知人美容師にサポートしたのをきっかけに美容室のインスタ集客を本格化。 ★美容師×SNSマーケティングの新しい視点で利益を上げる取り組みを実践中。 ★ファイナンシャルプランナー資格とSNSマーケティングを組み合わせたサポートも展開中。

-コラム

© 2022 Shiki's Blog(しきブログ) Powered by AFFINGER5