コラム

【アフィリエイター目線】美容室のホットペッパー集客リスクと代替施策

ホットペッパー集客

これって便利ですよね。

 

お金さえ払えば、お客さんを集めてきてくれる

 

スタッフに給料を払うために店舗単位での集客が必要なら、HPBの活用は避けられない。

 

しかし、その「便利」に集客を頼り続けると、その便利さがボディーブローのように利益を圧迫していくのは間違いない。

 

月間50万円の広告費で、「新規クーポン荒らし」と言われる新規顧客を集め、次回予約率も50%を下回る。

 

この状態って辛い。

 

本来、広告費は「投資」であるべきです。

 

投資とは、一時的な支出はあるものの、将来の利益をもたらしてくれるもの。

つまり、LTV(ライフタイムバリュー)が高い顧客を集めなくちゃいけないわけです。

 

それなのに、HPB経由で集客した人の再来店率や完全リピート率はどうですか?

 

もし、50%を下回っているなら、広告費は投資ではなく、浪費

 

「新規顧客を獲得する目的だけ」でHPBを活用すると、せっかく稼いだ利益が広告サイトの利益に置き換わってしまっている。

どう考えても納得いかない。

 

  • 検索エンジンの上位表示が取れているという理由だけで、そんな価値があるのか?
  • リスティング広告を出稿しているからという理由で、そこまで価値あるの?

 

疑問ですね。

多分、アフィリエイター仲間みんなに聞くと、驚愕するでしょう。

 

「地域ワードで上位表示させるなら、その広告費の半値以下で十分でしょ!」

 

とアフィリエイターは言うでしょうね。

 

DEARSの北原さんはアフィリエイターの経験を活かして、まさにHPBに頼らないWEB施策を進めていますね。多店舗展開するなら、その費用対効果はバカデカい。

 

HPBの強みはSEOの上位表示です。

それを分解すると、地域ワードでの上位表示があるから、集客につながっていると言うこと。

 

言い換えれば、地域ワードで上位表示させることができれば、ある程度の露出を増やせることができるので、HPBに頼らなくても、一定数の集客効果は期待できます。

 

そして、その集客ワードでは、「低価格顧客」をターゲットとしないワードにしていくと、これまた効率的に高単価顧客が集客できるわけです。

 

もちろん、SEO対策って確実性はないので、やれば絶対できると言うものでもありません。

 

しかし、

1記事5,000円で月間30記事発注して、月額15万円。

 

これを3ヶ月も継続すれば、理想のワードでの上位表示が可能なはず。

そうなれば、年間の広告費は

50万円×12ヶ月=600万円

15万円×3ヶ月=45万円

 

差額は555万円ですよね。

人雇えそうです。。。

 

もちろん、サイト運営にも戦略が必要なので、単に「サイトを更新すればいいんでしょ?」では難しい部分もありますが、勉強してインターネット上に資産を形成する仕組みを作っていくのは大事だと思います。

 

(ストーリーズで投稿しようと思いましたが、どんどん長くなりましたので、ブログで記事を書きました。)

 

地域ワードの上位表示について、具体的な施策は記載できませんが、決して難しいわけではありません。コンテンツは外注で十分。僕の地域ブログもフル外注記事で「地域名+ネイルサロン」「地域名+マツエク」で上位表示できています。早めにスタート切る方が良いとは思いますが。

 

 

インスタ集客特化コミュニティ

250名突破!
\集客力・対人スキルが身に付く/


インスタ運用勉強会の詳細はこちら


※技術に頼らず固定客につながる集客を増やしたい方のみご覧ください

  • この記事を書いた人

しき

現役WEBマーケターのかたわら、副業でSNSアフィリエイト。 ★インスタ運用のノウハウを知人美容師にサポートしたのをきっかけに美容室のインスタ集客を本格化。 ★美容師×SNSマーケティングの新しい視点で利益を上げる取り組みを実践中。 ★ファイナンシャルプランナー資格とSNSマーケティングを組み合わせたサポートも展開中。

-コラム

© 2022 Shiki's Blog(しきブログ) Powered by AFFINGER5