コロナと未来とお金

アフターコロナの学校教育はオンラインの在宅学習が主流になる理由&希望的観測

アフターコロナの学校教育はオンラインの在宅学習が主流になる理由&希望的観測

コロナが落ち着いた後の世の中はどうなるのか?

その問いには誰も答えることができないぐらい、世の中は変化し続けています。

でも、自然の成り行き任せで未来を進んでいくのは怖い。

ある程度の未来予想図を持ち、その未来に向けて準備をしておくべき。

【アフターコロナの世界】コロナ収束後の仕事や会社の仕組み働き方の未来予想図」の記事では仕事や働き方について持論を紹介しました。

第2段の今日は「学校教育について

仕事と同様、コロナの影響で大きく変化した学校教育について考えを述べます。

【これが真実】一斉休校によってわかった学校教育の実情

アフターコロナの学校の世界

一斉休校がスタートし、子供たちは季節外れの夏休みが来て大喜びー♪

一方、親御さんは「仕事に行けない!」と嘆く。

これが一斉休校時の日本の現状ですよね。

わかります、わかりますよー。

私も同じ心境ですから。

でもね、客観的に見ると、これって危機感を持ちませんか?

だって、「子供の学力衰退」のことがほとんど心配されていないんですよ。

もちろん、中には子供の学力が心配で、対策を取っている親御さんもいます。ただ、ほとんどの方は「子供の学力」より他のことを心配しているんじゃないですか。

これが日本の教育の実態だと思います。

「義務教育を受ける義務がある」

のような感じ。本末転倒。。。

本来、教育は当たり前のものではなく、多くの人が望んで手にすることができたものでした。

ところが、時代が変わり、「当たり前に受けられるもの」になり、その結果、受けることが義務になっていった。

その義務から開放さえれた人たちは、、、当然自由を得ますよね。

自由を得た学生は、当然のことながら遊ぶ方を選択します。

それが今の日本の現状。

少なくとも、教育に価値を見出している小学生や中学生はほとんどいないでしょうね。

何故そうなったのか。

それは、今の教育内容が今の時代にあっていないからでしょと。

時代は変わっているのに教育が変わっていないのが大問題

アフターコロナの学校の世界

個人的な意見ですが、

今の教育って、今の時代に合っていない!

はじめに断っておきますけど、私の主張は先生を非難しているわけではありませんからね。先生は教育現場で奮闘されているのは知っています。

先生は頑張っているのに、国の考えが時代に合っていないから教育現場がおかしくなる。

教育って、子供を教え育てることですよね。何故教え育てる必要があるかというと、将来の可能性を広げるためだと思っています。

ところが、将来の可能性は数十年前はもちろん、ここ数年でも大きく変化しています。

  • 当然のようにスマートフォンを持ち、
  • オンラインで世界中の人たちとゲームし、
  • 小学生の頃からクリエイティブな活動をする。
  • 将来の夢は「ユーチューバー」や「月への旅行」

数年前では考えられなかったニーズがありますよね。

ニーズは進化しているのに、教育は昔のまま。

子供たちのニーズがどんどん変化しているのに、昔と同じ教育でいいのでしょうか。

完全にダメでしょ!

一昔前、昭和初期の頃は、良くも悪くも、右に倣えで統制が取れることが必要でした。

何故なら、日本が成長していくためには、日本全体が一枚岩になり、1つの目標に向かって突っ走る必要があったからです。

「自主性」や「多様性」ではなく、正確に動くロボットのような人が必要な時代でした。

24時間働き続けることが「美」とされた時代がある

正確に動くロボット人間が美とされた象徴が次のCMです。

皆さんは知っていますか?

このCMが放送されていたのは平成元年ごろ。

その当時は「24時間戦えますか?」つまり、「朝まで残業しても倒れない!」が美とされていた時代があったんです。

令和2年の現在、これを強要すると完全にパワハラですからね笑

時代の変化って恐ろしい。

戦後から平成初期の間は、タフで寡黙で、正確に生産してくれる労働者が必要でした。

その結果、物づくり日本が誕生、働き者の日本人が作る正確な機械は飛ぶように外国に売れていきました。

ところが今はどう?

モノづくり日本ではあるけど、その役割は大きく変わってきています。

正確に動く機械は外国で日本人以外が作っていますよね。

今の日本人は、何かを模倣したり、単調な仕事ではなく、ゼロからイチを作り上げるクリエイティブな仕事が求められています。

ニーズが大きく変わってきているのに、教育は変わっていない。 ダメだなこりゃ。。。

「記憶中心」から「○○中心」の学校教育にシフトすべき

これまでの日本の教育って、根本的には「記憶すること」がメインでしょ。

  • 漢字
  • 英単語
  • 公式
  • 年表
  • 元素記号

種類は違ど全て記憶です。

確かに記憶力を鍛えることは大事。人一倍記憶力がない僕は、今はとても苦労しています。

でも、スマートフォンを起動して10秒以内に答えが見つかる状況で、上記を記憶することはどれぐらい意味があることでしょうか。

不確かな記憶力を頼るより、確実なネット検索に頼った方が良くないですかね。

それより、もっと大事なことは、

  • ゼロからイチを作り上げる発想
  • 既存のものを組み合わせて新しいものを作るアイデア

こういう「クリエイティブな視点」が重要ではないでしょうか。

このクリエイティブな視点って、簡単にいうと「課題を見つける洞察力と課題を解決する考察力」です。

この2つの力を高めない限り、今の時代の先頭を走ることはできないでしょうね。

時代に求められる人になるために学生時代で学ぶべき情報とは

  • 漢字なんて覚えなくていい!
  • 数学なんて生活で使わないでしょ!

という極端なことを言うつもりはりません。最低限の学力は必要なのは言うまでもないですからね。

その上で、学生時代はどのような学びを得るのがいいのか。

それは、やはり「問題を見つける力」と「考える力」を身に付けることでしょう

この2つを中学生ぐらいから徹底的に身に付けていけば、グローバルでも活躍できる人材になる可能性はあるはず。

自分の子供に「英語」と「算数」を重点的に教え込んでいる理由

1歳6ヶ月からインターナショナルスクールに通う息子の英会話力は4年半でどのレベルになった?」の記事でも紹介しましたが、私の長男はインターナショナルプリスクールに通い、現在は英語が堪能な小学生となっています。

そして、今はいろんな科目を満遍なく勉強させるのではなく、算数を中心に自宅学習を行っています。

どうして英語と算数の2つの教材を重点的に取り組ませているかと言うと、それは、

  1. 英語→グローバル社会で必須の言語であること
  2. 算数→プログラミングを理解するために理数系に強くなるため

他にも大事なことはあるかもしれないけど、今はとにかく「強みを作る」と言うことを意識しているのでこの2つを重点的に勉強している。

何故、全ての教科を頑張って、平均点を目指さないのか。特定の教科だけ頑張るのか。

それは、「これからの時代は、平均点より特定ジャンルの強みを活かすことが求められる」と考えているからです。

ファミリーレストランよりラーメン専門店。

全てのジャンルでは勝てないけど、特異な領域なら誰にも負けない。

そう言うジャンルを作らないとこの先キツイよね。

学校に集まって「全教科平均点」を目指す授業を受ける意義は?

ファミリーレストランよりラーメン専門店を目指すものにとって、学校に集まって「全教科平均点」を目指す教育はそれほど意味がありません。

もちろん、全教科満点をとることができれば最高なのですが、そんなスーパーキッズはほとんどいません。

全員が学校に集まって受ける教育にはたくさんのメリットがあるものの、同時にデメリットもあります。

  • 特定の教科に特化し辛い
  • 友達と比較されやすいので1教科でも数値が悪いと落ち込みやすい

今の学校って「強みを活かす」と言う考えがないんですよね。

大昔からマインドが変わっていない。

高度経済成長時代から何も変わっていないんです。

そんな「THE 平均点少年」を作り上げる学校教育なんてこれからは無意味。

誰にも負けない得意ジャンルを持つ人間の方が生き残るのは間違いない。

【メリットは多い】オンライン学習で子供のスキルはアップするのか

集まって勉強するデメリットがあるなら、集まらずに勉強するのがいいの?

この質問に対しては、「良い部分と悪い部分がある」と言うのが正確な答えです。

学校に行き、友達との時間を共有することは勉強以上の価値があることも事実。

(むしろ、今の日本の学校のメインの目的はそれです。)

ただ、「学習」に関してだけで考えると、インターネットで自宅学習する方がメリットが多いのは間違いない。

「そんなことないよー!」

と言う人がいるかもしれませんが、その人は頭が昭和だ。

テクノロジーと時代の先を行く学校教育を組み合わせたら、自宅でのオンライン学習は広がりを見せていくでしょう。

それほどオンライン学習はメリットがある取り組みです。

そして、このメリットって、「生徒のメリット」だけではないですからね。生徒はもちろん、先生や親御さんなど関係するすべての人にメリットがあります。

  • 自宅で、
  • レベルに最適な授業が受けられて(先生を選べる)、
  • 時間に縛られない。

これだけでも良い感じだと思いませんか。

近い将来、学校に出席する理由も減ってくるでしょう。

まとめ

今日の記事は何も考えずに、自分の気持ちを書きました。

取り止めのない記事ですみません。。。

でも、これだけは言いたい。

コロナの影響で教育システムは大きく変わった。

だからこの機会に、「グローバル社会を勝ち抜くために必要な教育システムに移行して欲しい!」

と言うことです。

ピンチをチャンスと捉えて、日本の再復活を実現させたいですね。

  • この記事を書いた人
しき

しき

独立起業を目指す41歳サラリーマンのシキです。学びで得た知識をブログでアウトプット。MUPウサギクラス会員。書くことなくなったら大阪のローカルネタで息抜き。

-コロナと未来とお金

Copyright© Shiki's Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.